top of page

オペラ「ルサルカ」みどころ②

みなさん、こんにちは。

チムズミュージックのChiakiです。


チムズミュージック講師のテノール・西岡慎介が王子役で出演予定の

ドヴォルジャーク作曲 オペラ「ルサルカ」の公演がついに今週の土曜日に迫って参りました。

まだA席、S席ともにチケット手元にございますので、お気軽にご連絡ください♪



さて今回は、オペラ「ルサルカ」のみどころをご紹介します。

②日本語吹き替え公演


オペラ「ルサルカ」の原語はチェコ語ですが、

今回の公演は日本語上演です。

歌詞が日本語なので、観劇しながらも

そのまま理解ができる。

日本語字幕もでます。

オペラを観に行ったけれど、

ずっと字幕を読んでいて、

舞台があまり観れなかったということありますよね。

最近は原語主義が流行で、

ドイツの劇場でも

イタリアものはイタリア語、

チェコ語のものはチェコ語で

上演されるようになってきました。

しかし、ほんの少し前までは

ドイツの劇場で演奏される

イタリアものは、ドイツ語で歌われていました。

日本にオペラが最初にやってきたときは、

イタリアものを日本語で上演していました。

よく、日本語で上演される演目として、

ビゼー作曲 オペラ「カルメン」があります。

原語はフランス語ですが、

日本語訳で歌われることが多い演目です。

とても人気がありますよね!

また、日本でのミュージカル公演では

日本語公演が主流になっています。

オペラも日本語で聴けたら、

ストーリーがすんなり入ってきて、

観劇が楽しくなりそうですね♪

明日から、小屋入りです。

公演まであとわずかですが、

お席ご用意できますので、

迷っていたらぜひお越しください♪


●オペラ「ルサルカ」出演予定

●オペラを観に行くときには

●オペラ「ルサルカ」みどころ①

●オペラ「ルサルカ」みどころ②

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示