top of page

西岡講師がオペラ「ルサルカ」に出演予定

ようやく秋らしいの気候になって参りました。

チムズミュージック講師のテノール・西岡慎介が、2022年11月12日(土)14:00開演 木のホール 神奈川県立音楽堂にて、第31回神奈川オペラフェスティバル第2夜 ドヴォルジャーク作曲オペラ「ルサルカ」のプリンス役で出演予定です。


オペラ「ルサルカ」はあまり上演されない演目なので注目作品です!

このオペラで唯一有名な曲は人魚姫ルサルカのアリア「月に寄せる歌」で、この曲だけ演奏されることが多いです。

では、なぜあまり演奏されないかというと、まずチェコ語での歌唱というハードルがあります。そしてもうひとつの理由としてプリンス役(テノール)の歌唱が難易度が高いことが挙げられます。配役がテノールで、高いA(ラ)の音が何度も出る上に、最後の最後でhigh C(ド)と呼ばれる高音がでてくるのです。

そのプリンス役をチムズミュージック講師の西岡慎介が歌います。


物語は人魚姫伝説のお話。原語はチェコ語での歌唱ですが、今回は日本語吹き替えでお届けします。


チケットはチムズミュージックでもお取り扱い中。良席を確保しておりますので、チケットをお求めの方は以下のフォームよりお知らせ下さい。

https://forms.gle/E3bPADvSMZ9db1dS7


皆様のご来場をお待ちしております。




閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みなさん、こんにちは。 チムズミュージックのChiakiです。 チムズミュージック講師のテノール・西岡慎介が王子役で出演予定の ドヴォルジャーク作曲 オペラ「ルサルカ」の公演がついに今週の土曜日に迫って参りました。 まだA席、S席ともにチケット手元にございますので、お気軽にご連絡ください♪ さて今回は、オペラ「ルサルカ」のみどころをご紹介します。 ②日本語吹き替え公演 オペラ「ルサルカ」の原語はチ