東京二期会「パルジファル」開幕間近

ついにプルミエが迫ってきた、東京二期会オペラ劇場「パルジファル」。

ワーグナー作曲の舞台神聖祝典劇「パルジファル」を宮本亜門さんの演出で行われます。

この舞台はフランス・ストラスブールのラン劇場との共同制作公演で、舞台セットや衣裳はフランスから運ばれてきました。とても豪華なセットに、オーケストラの生演奏に歌手たちによる歌唱と演技。迫力の舞台をぜひご覧ください!


チムズミュージック講師のテノール・西岡慎介が、2022年7月13日(水・プルミエ)、16日(土)に第一の聖杯の騎士役で出演します。どうぞお見逃しなく!


このオペラは全3幕で、公演時間が4時間半という超大作です。

原語(ドイツ語)上演で、字幕付きですが、あらかじめストーリーを把握していないと理解が難しいので、役どころやあらすじを把握してから観に行かれることをおススメ致します。

なぜ、オペラを観る前にストーリーを把握しておくべきかは、またご紹介したいと思います。


東京二期会オペラ劇場「パルジファル」

http://www.nikikai.net/lineup/parsifal2022/index.html


「パルジファル」の魅力

http://www.nikikai.net/enjoy/vol328.html



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回はワーグナー作曲、舞台神聖祝典劇「パルジファル」のみどころを歌手目線でご紹介していきます。 ●前奏を聴いていきましょう ~ライトモチーフ~ ●このオペラのテーマとは ~Durch Mitleid wissend~ ●それで「パルジファル」はどんなストーリー? このオペラはドイツ・バイロイト祝祭歌劇場でのみで演奏されることを許可されていた作品で、近年解放されたことで世界中で演奏されることになりま

見てこんにちは。チムズミュージックのChiakiです。 さて、今回はオペラを観に行くときのコツをご紹介します。 ●オペラの魅力とは? その1「社交の場」 その2「総合芸術」 ●オペラを観に行くときにあらすじを読むべき? ●オペラを観に行くときの服装は? それでは、早速みていきましょう。 ●オペラの魅力とは? オペラって難しそう、長そうだし、なんだかよくわからない… と考えて、なかなか観に行く機会に